相続・遺言などの公正証書作成手続き

相続・遺言の公正証書

 

公正証書遺言と自筆証書遺言との比較

公正証書遺言は「つくるの大変、後が楽」と言われます。

この意味は、自筆証書遺言(全文を自分で手書き、日付と署名押印で原則的に有効)と比較するとわかります。
下図の緑の矢印の流れが公正証書遺言、
赤の矢印の流れが自筆証書遺言です。

公正証書遺言の作成で苦労する点は、主に2点あります。

①要求される書類や証人など手続きが面倒 
 ②公証人との打ち合わせに時間がかかる

 しかし、それを補って余りある利点があります。

①公証人は、裁判官・検察官・法務局長など法律実務に長く関わった専門家です。
  法律的に見て不備はなく、効力が争われることはほとんどありません。
 ②遺言公正証書の原本は、公証役場で半永久的に保管されます。
  紛失の恐れはなく、内容を書き替えられたりすることはありません。
 ③自筆のできない方も、その意思を伝えて遺言ができます。

さらに行政書士が介することにより、
 書類の収集等煩雑な手続きを代行し、
 事前の相談者との打ち合わせにより、
相談者の意思を余すところなく伝えたうえでの遺言書作成ができるようになります!
 また、遺言執行者に任命していただくことで、
遺言者の意思に沿った確実な執行をします!
 ぜひご利用ください。

 

相続業務の報酬

相続財産(預貯金や不動産などプラスの財産から生前の負債をひいたもの)をもとに、下図の割合で報酬をいただきます。