飲食店営業許可申請

開店までの流れ

 

 

 

右表が開店までの流れと、申請が許可されるまでの時間です。

営業する飲食店によっては「風俗営業許可申請」、
 深夜営業届出」の必要があり、店舗近くの警察署に行く必要があります。

該当するかは、下記のようになっています。
 (地域差があります。必ず地域の行政書士・警察署へご相談ください)

 

 

客に接待をする店の場合風俗営業許可申請

例えば居酒屋とスナックは法律上、「接待」の有無で分かれます。
 接待がない居酒屋は風俗営業の許可は不要です。
 (お酒を呑むかや、その量などは無関係です)

では、「接待」とはどのような行為を言うのかというと、

①特定少数のお客を相手に
 ②一定時間
 ③手を握る、会話をする、飲物を注ぐ、歌や踊りを披露する、一緒に歌をうたう、ゲームをする

上記①~③を全て満たしている行為が「接待」です。

具体的には、ガールズバーの店員が短時間お客と話をするのは接待に当たらず、
 特定のお客と長時間話すメイドカフェの店員は接待をしていることになります。
 また、「誰か歌いませんか?」とお客全員に対して言うのは接待ではありません。

しかし、お客全員に対して店員が歌や踊りを披露するのは、接待ではないですが「遊興」になり、
 風俗営業1~4号に該当する可能性が出てきます。
 時々生バンドが来るジャズバーなら大丈夫ですが、
 営業時間中ずっとであれば警察署に相談したほうが良いわけです。

 

 

深夜に酒類の提供をする店の場合→深夜営業届出

①午前0~日の出時までの深夜営業をし、
 ②酒類の提供がメインのお店

上記①②を全て満たしている店が、警察署に届出をする必要があります。

 具体的には、0時までに閉店する居酒屋は該当せず、
 アルコールの提供がメインでない深夜食堂も該当しません。
 また、〆の一杯にお茶漬けを提供する居酒屋はメインがお酒なので該当することになります。

しかし、東京都のように全ての飲食店の深夜営業に制限がある場合もあります。
 (環境確保条例第132条https://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/noise_vibration/rules/night_business.html)
 その場合は当然、上記①②の要件とは無関係で制限がかかります。

立地的に深夜営業ができない場合もありますので、
 深夜営業を考えている場合は賃貸借契約をする前に、一度弊社や管轄警察署ににご相談ください。