業務内容(contents)

1.VISA・在留カードについての申請取次
2.日本への帰化申請をするための書類作成
3.渉外身分関係手続き(結婚・離婚、養子縁組等)
4.飲食店営業許可申請

それぞれの業務についての説明

1.VISA・在留カードについての申請取次

Visaとは、パスポートにはりつけられる右図のものです。

See the figure on the right. This is Visa. It is attached to a passport.

 

日本の外務省が出すもので、「査証」(さしょう)とよばれます。本国(あなたの国)にいる日本の大使館員(embassy staff)が、あなたについて調べたところ、とくに問題なかったときに出されます。空港などで審査をする人(=入国審査官)への推薦状です。

Visa is issued by Ministry of Foreign Affair of Japan. It means like a recommendately letter for immigration Inspector. You have to get it for passing through immigration. But if Immigration Inspector have some suspected points through an interview in airport, he can refuse it.

 

時々、下の「在留資格」(Status)のことをVisaという人がいますが、正しくは別物です。(しかし、どっちにしても「在留資格」「Visa」の2つがないと入国できないですし、入国後はVisaは使わないので混同する(to be confused)こともありません。よって、当事務所のページ「top page」の「こんなとき」でも一緒にした例を記載しました。)

 

さて、当事務所の業務内容ですが、Visaを本国で申請する時に必要な書類の作成をします。

 

 

在留カードとは、入管から発行される右図のものです。

それに書かれている情報のなかで、とくに大切なものは、「在留資格」です。在留資格は、大きく下の①②に分けられます。

Residency Card(see the figure on the right) is divided into 2 types of Status(①and②).

 

①仕事など活動の内容によって与えられる資格(いわゆる就労系)

 Status given by your works

 

②日本との人的・時間的つながりにより与えられる資格「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者  等」「定住者」「永住者」(いわゆる身分系)

 Status given by a connection to Japan society

 

 右の在留カードの「留学」は①になります。①②の大きな違いは、仕事について、制限があるかどうかです。①は、在留資格で認められた仕事以外の仕事は、やってはいけません。②はどんな仕事をしてもいいです。

そうすると、日本でくらしていくうえでは、①よりも②のほうがくらしやすいわけです。特に「永住者」は社会的な信用(your public credibility)が増します。具体的(for example)には、不動産(land or building)を買う時などに、銀行がお金を貸してくれるかの基準(standards)になったり、会社をつくる時の許可条件になっています。

② is the better than ①. Because ② doesn't have any limit to your work. Especially, permanent residency give you a public credibility also. 

  

さて、当事務所の業務内容ですが、在留カードについての情報(ex名前など)の変更や、在留資格についての申請(=交付申請、変更申請、期間更新についての申請)の取次をする(=本人に代わって入管に出頭する)ことができます。 

申請するのに苦労する順番は、初めてだけに添付や説明が多くなる交付申請→変更申請→何度もやるので要領がわかる更新申請です。更新申請については自力でする方も多いようですが、当事務所もリーズナブルな値段設定や割引をしていますので、ぜひご利用ください。

Japanese government entitle us to write a confidental documents to civil polity. So, our office can submit your documents to Immigration Bureau of Japan instead of you.  

 

在留カードをもらうための交付申請、在留カードの資格を変更するための申請、在留カードの有効期間更新をするための申請については、ページ「在留資格交付・変更・更新申請」をご覧ください。

 

 

2.日本への帰化申請をするための書類作成

「帰化」とは、今までの自分の国籍を捨て、日本国籍を取得すること(=日本人になること)です。こちらについては必ず本人が出頭することになっています。なので、当事務所は帰化申請のための書類あつめと、書類づくりをします。 

 

 

3.渉外身分関係手続き(結婚・離婚、養子縁組等)

「渉外」とは、 ある法律事項が日本だけでなく本国に関係することを言います。例えば、日本人と外国人が結婚した場合を考えてみます。その場合、それぞれの国が「あの2人は結婚した」と認めるかどうかは、それぞれの国の法律によって決まります。

当事務所は、あなたが日本国に認めてほしいことを聞き、そのためには何をすれば良いのかを答え、書類を作ります。また、本国に認めさせるための書類を作ります。

 

 

4.飲食店営業許可申請

外国料理屋、居酒屋、弁当屋、バー、スナックなど、飲食物を扱う店を開く場合に必要な申請です。衛生面について、国がチェックします。

当事務所は、飲食店営業許可申請と、その更新のための申請をします。